2007年03月20日

ジンギスカン新聞 第五号 2007年

WMXJV2007@2y[W.jpgジンギスカン新聞


posted by ミルクラム at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

フリーペーパー ジンギスカン新聞(1)

フリーペーパー ジンギスカン新聞1.jpg

発行:ジンギスカン食普及拡大促進協議会

北海道では2005年9月17日から19日まで、ジンギスカンサミットが開催されます。

そのPRもかねて、フリーペーパー(無料)ジンギスカン新聞が発行されました。

発行は上記にあります。詳しくは問い合わせると良いですね。

東京・北海道を問わずクーポンが付いていて、利用にはお得になっています。
残念ながら、このブログの画像を印刷してもクーポンとしては使えません。

なおブログ『あるある ジンギスカン新聞』と、『フリーペーパー ジンギスカン新聞』は、無関係です。
posted by ミルクラム at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーペーパー ジンギスカン新聞(2)

フリーペーパー ジンギスカン新聞2.jpg

発行:ジンギスカン食普及拡大促進協議会

2面と3面は、味付けジンギスカンとして松尾ジンギスカン専務と、味の後付けジンギスカンのサッポロビール園統括部長の各氏が、それぞれ特徴を語っています。

2面は松尾ジンギスカン専務のコメントが載っています。ジンギスカンを『焼く料理ではなく煮る料理』との言い回しは、味付けジンギスカンの特徴を一言で言い表していますね。
posted by ミルクラム at 10:37| Comment(0) | TrackBack(3) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーペーパー ジンギスカン新聞(3)

フリーペーパー ジンギスカン新聞3.jpg

発行:ジンギスカン食普及拡大促進協議会

後付けジンギスカン代表は、サッポロビール園ですが、札幌には他にキリンとか各ビール会社のビール園も存在します。

食べる人の好みは色々だとしても、後付けジンギスカンの特徴は大量に入ったお客さんをさばくのに適していますね。

ですから、大量の観光客を飲み込むようなところに、この方法が多いのではないでしょうか。

現在こそ、後付けジンギスカンもラム肉が主流となっています。本州の人にジンギスカンの臭いを気にする人が多いのは、実はマトンを使ったこの後付けジンギスカンの責任が有ります。

味付けジンギスカンの開発は、臭いとの戦いでした。

ジンギスカンブームが長続きするとしたら、羊肉の臭い問題は避けて通れません。したがってジンギスカンブームはラム肉が主流となるでしょう。
posted by ミルクラム at 10:36| Comment(0) | TrackBack(1) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーペーパー ジンギスカン新聞(4)

フリーペーパー ジンギスカン新聞4.jpg

発行:ジンギスカン食普及拡大促進協議会

4面はジンギスカンの歴史が書かれてあります。詳細はジンギスカン新聞を読んでいただくとして、要約すると、ジンギスカンが食べ始められたのは、大正後期から昭和始めにかけてで、普及したのが、昭和30年代初頭からとなるでしょうか。

私の意見としては、終戦から昭和30年代前半はまだ戦後の貧しいさもあり、動物蛋白は不足していて、何でも口に入るんものは食べたのではないでしょうか。

子供の頃野うさぎの肉を食べた記憶があります。

しかし、何年も羊毛を取ったあとの、羊肉は相当臭く簡単に食べられるものではなかったはずです。それを食せるようにしたのが、味付けであったと想像されます。
posted by ミルクラム at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーペーパー ジンギスカン新聞(5)

フリーペーパー ジンギスカン新聞5.jpg

発行:ジンギスカン食普及拡大促進協議会

5面には、ジンギスカンアラカルトとして、ジンギスカン名商品4点と、ジンギスカン食普及拡大促進協議会会長のコメントが寄せられています。

また、ジンギスカン専用ホットプレートが11月に発売になると日経MJの記事に出ていましたが、ジンギスカン新聞に載っている(株)ラジウム総合研究所で10月に発売されるジンギスカン鍋は楽しみです。
posted by ミルクラム at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーペーパー ジンギスカン新聞(6)

フリーペーパー ジンギスカン新聞6.jpg

発行:ジンギスカン食普及拡大促進協議会

6面は、外食店のジンギスカンページとなっています。

特典として、あがりらーめんの無料とか、ランチ100円引き、お試しビールやソフトドリンク1杯無料、10%値引きなど盛りだくさんですね。

ここは広告面です。

驚いたのは、ジンギスカン店は東京は知っていますが、大阪や福岡県門司(門司港 地ビール工房)にも有るんですね。

食べに、行きたい。
posted by ミルクラム at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーペーパー ジンギスカン新聞(7)

フリーペーパー ジンギスカン新聞7.jpg

発行:ジンギスカン食普及拡大促進協議会

ここは味付けジンギスカンやタレメーカーの広告が中心となったページです。
posted by ミルクラム at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーペーパー ジンギスカン新聞(8)

フリーペーパー ジンギスカン新聞8.jpg

発行:ジンギスカン食普及拡大促進協議会

最終ページは大手のスポンサーですね。

記事には関係ありませんが、あらためて見直すと写真の取り方がへたくそですね〜。勉強しなおします。



posted by ミルクラム at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

ジンギスカン鍋 灰皿

『よくこんなの考え付くよな〜』と。これが第一印象。

この灰皿は、ジンギスカン鍋と同じ材質で作られています。旭川空港で買いました。

ジンギスカン鍋灰皿.jpgジンギスカン鍋型灰皿 1260円

大きさは、函館から知床半島まで16p、稚内から襟裳岬まで14pです。

ちなみに、私はタバコを吸いません。というか、タバコは嫌いです、タバコを吸う人も嫌いです。

アメリカで言われていた言葉を思い出しました。今も同じことは言われているのかな。

アメリカではタバコを吸う人を、
『人生放棄か』『無知無能か』『意志薄弱か』と。

この言葉が耳から離れません。
posted by ミルクラム at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。