2005年09月28日

信州ハムジンギスカン

信州ハムジンギスカン.jpg 信州ハムジンギスカン 298円

長野市のスーパーで購入。18時50分に店へ行ったが、信州ハムジンギスカンは4個残っていた。そのうち2個買ったが、朝はどのくらいの数を置いてあったのだろうか。

タレ付き200gは、一人で食べるなら丁度良い量。

味の濃さや酸味のある味は、ジンギスカン丼で食べるにはちょうど良く感じるがどうでしょう。

信州ハムジンギスカン 裏.jpg



人気blogランキングへ
posted by ミルクラム at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品のジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

千歳空港 シェーン ヴァッサー 生ラムジンギスカン

千歳空港シェーン ヴァッサー 生ラムジンギスカン.jpg 生ラムジンギスカン 980円

千歳空港内にあるドイツ料理レストラン シェーン ヴァッサーで。

向かえの席に座った、タバコを吸う二人の若者がいなけりゃ最高。

いずれにしても、ジンギスカンをここまで格調高い味にするとは、感動ものです。
posted by ミルクラム at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食店のジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

陶器のジンギスカン鍋

陶器のジンギスカン鍋.jpg 陶器のジンギスカン鍋 価格未定

ジンギスカンサミットでは幾つかのジンギスカン関連商品が紹介されてました。この陶器のジンギスカン鍋もその一つ。

下段にフリーペーパーの紹介記事を書いておきます。価格も発売時期も未定とのことですが、今年中には発売されるようです。

ジンギスカンを楽しむには良さそうで、興味をそそられますね。焼肉が美味しくなりそうです。

陶器のジンギスカン鍋 裏.jpg 陶器のジンギスカン鍋 裏面


【フリーペーパー ジンギスカン新聞の紹介記事から】****
(株)ラジウム総合研究所が独自の技術を使った鍋を開発し、今年の10月以降の販売を目指しています。これは、ブラックシリカ、トルマリンなど数種類の鉱物を陶器に練りこんで作られるものです。鉱物の働きで鍋が遠赤外線を放出し、同時にマイナスイオンも発生します。この効果で、肉や魚本来の旨みが引き出され、まろやかに仕上がるという優れものです。●価格未定 当協議会で予約受付中
***********ここまで
posted by ミルクラム at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカン鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

ジンギスカレー中辛

ジンギスカレー中辛.jpg ジンギスカレー

ジンギスカンサミット会場の、札幌羊ヶ丘レストハウスの横にあるお土産屋さんで購入した。

名前の付け方は、ジンギスぱんとジンギスカレーで、同じ発想かな?

裏を見ると、ラム肉が入っている。

ジンギスカレー中辛 裏.jpg

このブログを書くに当たって決めていることがあります。

食べるものやレストランは、自分で食べたり飲んだりと口に入れて書くことを基本にしています。

今回はまだ食べていませんが、食べたら必ず感想を書きますね。

いまブログに上げておかないと、忘れてしまいそうで。ふらふら


人気blogランキングへ
posted by ミルクラム at 10:13| Comment(0) | TrackBack(1) | ジンギスカン名を使った商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

ジンギスぱん

面白い、楽しい名前を付けたものです。

ジンギスぱん.jpg ジンギスぱん150円

名前は面白いですが、味は別ですね〜。

ジンギスカンサミット会場で売られていたパンで、今後どうするのでしょうか。

売っているスタッフに、「美味しいですか」と質問すると、「え〜とですね。ここにラム肉が入っています」と、別な説明。この説明を聞いても美味しさは想像出来ます。


人気blogランキングへ
posted by ミルクラム at 08:54| Comment(0) | TrackBack(1) | ジンギスカン名を使った商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

日之出食品工業のジンギスカン

.jpg 味付け焼肉ラム

他に、ラム肩ロース500g、マトンロース600g、簡易ジンギスカン鍋が1枚付いて4800円。

購入はこのサイトの左上にある
ど〜んと北海道 携帯サイト』から。
やりかたは、携帯電話のバーコードリーダーへ写真撮りし、そこから申し込む。

かなり薄味。野菜と一緒にジンギスカンをすると物足りなくなるかもしれない。

日之出食品工業のジンギスカン 明細.jpg
posted by ミルクラム at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品のジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

ジンギスカンサミット三日目

クラーク博士の像三日目.jpg

やったー、今日は三日目、晴れだ。

ジンギスカンブームの先に、やっと明るさが見えてきた。(大笑)

ジンギスカンサミット大使任命ョ.jpg

ジンギスカンサミットのクライマックス。

ジンギスカン大使は32名が任命され、高橋はるみ北海道知事が代表して挨拶をしていた。

え?、挨拶がめちゃうまい。ファンになりそう。
今度は投票するね。
posted by ミルクラム at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカンサミット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

ジンギスカンサミット二日目

クラーク博士の像二日目.jpg

今日は二日目、曇り。

ジンギスカンブームの先に、明るさはまだ見えない。(笑)

ジンギスカンサミット ポスター.jpg ジンギスカンサミットポスター

会場となった羊ヶ丘レストハウス(札幌市豊平区羊ヶ丘1番地)は通常観光客用のジンギスカン店です。

店は二階建で一階をジンギスカンサミットのジンギスカン食べ比べ会場として開放し、一般客は二階のみとなっています。

昼時ですが会場は満席でした。

また、今日はポスターにジンギスカン新メニュー発表と有りましたが、ジンギスカンというよりラム肉のメニュー開発が中心となり肩透かしでした。

ジンギスカンサミット 会場内.jpg ジンギスカン食べ比べ風景

posted by ミルクラム at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカンサミット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

ジンギスカンサミット フォーラム

ジンギスカンサミットが始まった。

場所はここ。

あいにくの雨の中、ジンギスカンブームの行方はどうなるのか。クラーク博士に聞いてみよう。

クラーク博士の像.jpg

基調講演のあとジンギスカンに関わる人たちの討論会。

ジンギスカンサミット フォーラム.jpg

司会は北海道新聞社の元専務

パネラーは、北海道副知事、札幌副市長、札幌グランドホテルサービス社長、札幌医科大学外科講師、北海道遺産協議会。

食べて楽しむジンギスカンをあまり難しくしないで欲しい。こんなふうに感じますね。
posted by ミルクラム at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカンサミット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

フリーペーパー ジンギスカン新聞(1)

フリーペーパー ジンギスカン新聞1.jpg

発行:ジンギスカン食普及拡大促進協議会

北海道では2005年9月17日から19日まで、ジンギスカンサミットが開催されます。

そのPRもかねて、フリーペーパー(無料)ジンギスカン新聞が発行されました。

発行は上記にあります。詳しくは問い合わせると良いですね。

東京・北海道を問わずクーポンが付いていて、利用にはお得になっています。
残念ながら、このブログの画像を印刷してもクーポンとしては使えません。

なおブログ『あるある ジンギスカン新聞』と、『フリーペーパー ジンギスカン新聞』は、無関係です。
posted by ミルクラム at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーペーパー ジンギスカン新聞(2)

フリーペーパー ジンギスカン新聞2.jpg

発行:ジンギスカン食普及拡大促進協議会

2面と3面は、味付けジンギスカンとして松尾ジンギスカン専務と、味の後付けジンギスカンのサッポロビール園統括部長の各氏が、それぞれ特徴を語っています。

2面は松尾ジンギスカン専務のコメントが載っています。ジンギスカンを『焼く料理ではなく煮る料理』との言い回しは、味付けジンギスカンの特徴を一言で言い表していますね。
posted by ミルクラム at 10:37| Comment(0) | TrackBack(3) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーペーパー ジンギスカン新聞(3)

フリーペーパー ジンギスカン新聞3.jpg

発行:ジンギスカン食普及拡大促進協議会

後付けジンギスカン代表は、サッポロビール園ですが、札幌には他にキリンとか各ビール会社のビール園も存在します。

食べる人の好みは色々だとしても、後付けジンギスカンの特徴は大量に入ったお客さんをさばくのに適していますね。

ですから、大量の観光客を飲み込むようなところに、この方法が多いのではないでしょうか。

現在こそ、後付けジンギスカンもラム肉が主流となっています。本州の人にジンギスカンの臭いを気にする人が多いのは、実はマトンを使ったこの後付けジンギスカンの責任が有ります。

味付けジンギスカンの開発は、臭いとの戦いでした。

ジンギスカンブームが長続きするとしたら、羊肉の臭い問題は避けて通れません。したがってジンギスカンブームはラム肉が主流となるでしょう。
posted by ミルクラム at 10:36| Comment(0) | TrackBack(1) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーペーパー ジンギスカン新聞(4)

フリーペーパー ジンギスカン新聞4.jpg

発行:ジンギスカン食普及拡大促進協議会

4面はジンギスカンの歴史が書かれてあります。詳細はジンギスカン新聞を読んでいただくとして、要約すると、ジンギスカンが食べ始められたのは、大正後期から昭和始めにかけてで、普及したのが、昭和30年代初頭からとなるでしょうか。

私の意見としては、終戦から昭和30年代前半はまだ戦後の貧しいさもあり、動物蛋白は不足していて、何でも口に入るんものは食べたのではないでしょうか。

子供の頃野うさぎの肉を食べた記憶があります。

しかし、何年も羊毛を取ったあとの、羊肉は相当臭く簡単に食べられるものではなかったはずです。それを食せるようにしたのが、味付けであったと想像されます。
posted by ミルクラム at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーペーパー ジンギスカン新聞(5)

フリーペーパー ジンギスカン新聞5.jpg

発行:ジンギスカン食普及拡大促進協議会

5面には、ジンギスカンアラカルトとして、ジンギスカン名商品4点と、ジンギスカン食普及拡大促進協議会会長のコメントが寄せられています。

また、ジンギスカン専用ホットプレートが11月に発売になると日経MJの記事に出ていましたが、ジンギスカン新聞に載っている(株)ラジウム総合研究所で10月に発売されるジンギスカン鍋は楽しみです。
posted by ミルクラム at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーペーパー ジンギスカン新聞(6)

フリーペーパー ジンギスカン新聞6.jpg

発行:ジンギスカン食普及拡大促進協議会

6面は、外食店のジンギスカンページとなっています。

特典として、あがりらーめんの無料とか、ランチ100円引き、お試しビールやソフトドリンク1杯無料、10%値引きなど盛りだくさんですね。

ここは広告面です。

驚いたのは、ジンギスカン店は東京は知っていますが、大阪や福岡県門司(門司港 地ビール工房)にも有るんですね。

食べに、行きたい。
posted by ミルクラム at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーペーパー ジンギスカン新聞(7)

フリーペーパー ジンギスカン新聞7.jpg

発行:ジンギスカン食普及拡大促進協議会

ここは味付けジンギスカンやタレメーカーの広告が中心となったページです。
posted by ミルクラム at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーペーパー ジンギスカン新聞(8)

フリーペーパー ジンギスカン新聞8.jpg

発行:ジンギスカン食普及拡大促進協議会

最終ページは大手のスポンサーですね。

記事には関係ありませんが、あらためて見直すと写真の取り方がへたくそですね〜。勉強しなおします。



posted by ミルクラム at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

北海道常呂町 マルチヨジンギスカン

インターネットは便利だ。

何処の物であろうとすぐ取り寄せすることが出来る。ただ、外れた場合は大変。

常呂町マルチヨジンギスカン.jpgまるちよの味付ジンギスカン 総量800g 1260円

生姜の味と臭いが気になるほど多い。

疑問が一つ。

総量800g 500g(肉500g、タレ400g)とあるが、写真を見て解るとおり、商品の詳細には、容量は肉1kg・たれ800gとある。

製造する側で、袋を間違えたのだろうか。

常呂町マルチヨジンギスカン 明細.jpg
posted by ミルクラム at 10:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 商品のジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

小林のジンギスカン

北海道滝川市内で、昔から美味しい言われている評判のジンギスカン。

小林のジンギスカン.jpg小林のジンギスカン 520円

ネットで取り寄せる方法は、下記から小林ジンギスカンのHPへ入り、FAXか電話で申し込む。

ここの個性は、あまりお金を掛けていないようなジンギスカンの袋が良いですね。

小林ジンギスカンの支店で購入したジンギスカン。本店と支店は近いです。



人気blogランキングへ
posted by ミルクラム at 13:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 商品のジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

のんたジンギスカン

のんたジンギスカンとは面白い名前だと感心していましたが、たぶん『のんた』は『たんの』を反対から読んだものでしょうね。つまり『端野町』から来ていると考えられます。

紙.jpgのんたジンギスカン この商品が3個で3600円

味付ラム800gが入っている。

詳しくはヤフーショッピングに、おたにさんちのジンギスカンで出展していますので見てください。

実は、このジンギスカンは、1961-1965頃使用のジンギスカン鍋へコメントを書いていただいたみけけ様の紹介で購入しました。

のんたジンギスカン 明細.jpg

濃い目の味と、ニンニクの利いたタレは私好みです。 わーい(嬉しい顔)

厚さ5mmにカットしたラム(子羊)肉は、肉の美味しさを一番感じるちょうどよい厚さだ。また、タレの量は多く感じるが、野菜を沢山入れるとちょうど良くなる。

いずれにしても、北海道の、滝川・長沼ジンギスカンとは違った個性のあるジンギスカンとなっている。


人気blogランキングへ
posted by ミルクラム at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品のジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。