2005年08月30日

滝川畜産試験場への道案内羊の像

前回滝川畜産試験場の羊の像を紹介しました。

懲りずにもう一つ。

滝川畜産試験場入り口.jpg

滝川畜産試験場まで行くには、国道38号線から500m入るのですが、この羊の像はその国道沿いにあります。

ちょっと解りづらい場所です。

これも作った人はいるのでしょうが、前回紹介したものとは迫力が違いますね〜。
posted by ミルクラム at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカンと畜産試験場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

滝川畜産試験場の庭にある羊の像

北海道滝川でジンギスカンが盛んになった理由として、滝川畜産試験場の存在が大きいですね。

滝川畜産試験場の庭に、立派な羊の像があります。いつも余り目にも留めませんが、今回きちんと見ました。
滝川畜産試験場の羊の像.jpg滝川畜産試験場の庭にある羊の像

今回は、直接ジンギスカンの話ではありませんが、まぁ羊はジンギスカンの元と言うことで、話を聞いてください。

他にも、作者の山脇正邦氏の作品は沢山有ります。インターネットで調べましたが、便利ですね〜。

滝川畜産試験場の羊の像 作成メ.jpg

1958年と言えば昭和33年です。

子供の頃の遠足は決まったように、滝川畜産試験場でした。小学生の頃は、お弁当に夢中。中学生になったら、女の子に夢中。

羊の像など、きちんと見たことありません。今回が初めてです。
posted by ミルクラム at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカンと畜産試験場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

ジンギスカン鍋 煙突付き

ジンギスカン鍋 煙突付き.jpg真ん中に煙突が付いたジンギスカン鍋

このジンギスカン鍋の写真は、7月30日のジンギスカン祭り(ジンギスカン王国滝川)で撮ったもの。旭川のメーカーが昭和30年代頃製造していた。

真ん中の煙突が異常に熱くなる、私は不注意でやけどを負ったことを思い出した。

偶然にも2005年8月24日の日本経済新聞北海道欄に、この鍋の記事が載っていた。

旭川市の臼井鋳鉄工業がこの鍋を復活させるとのこと。

品質を向上させて製造するらしいが、このジンギスカン鍋を使ったことはあるが、なぜか普及しなかった。
posted by ミルクラム at 09:33| Comment(2) | TrackBack(2) | ジンギスカン鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

2005ジンギスカンサミット開催

2005年9月16日から9月17日まで2005ジンギスカンサミットが開催されます。また、9月20日から10月末まで、スタンプラリーキャンペーンを実施

手に入った資料から、一部を紹介します。

≪主催≫
 ・ジンギスカン食普及拡大促進協議会

≪共催≫
 ・フードランド北海道2005実行委員会
 ・ジンギスカン王国滝川実行委員会

≪後援≫
 ・オーストラリア領事館
 ・ニュージーランド大使館
 ・アイスランド大使館
 ・石狩支庁
 ・札幌市 (社)北海道観光連盟 (社)幌市観光協会
 ・札幌ジンギスカン倶楽部
 ・北海道遺産構想推進協議会

≪協賛≫
 ・その他企業

≪場所≫
 ・前夜祭とメインイベント
  羊ヶ丘レストハウス 札幌市豊平区羊ヶ丘1
 ・スタンプラリーキャンペーン
  札幌市内のジンギスカン料理店他

≪日程≫
0916金 17;00 前夜祭
    ・観光大使との交流
    ・ジンギスカン食べ比べ

0917土 13;30 ジンギスカンフォ−ラム
    ・基調講演
    ・パネルディスカッション
    ・ジンギスカンご当地クイズ

0918日 10;00
    ・モンゴルのお酒紹介
    ・ジンギスカンタレ当てクイズ・・免許皆伝
    ・羊肉産地当てクイズ
    ・ジンギスカンオリジナル食べかたコンテスト
    13;00 ジンギスカン新メニュ−発表
    15;00 ジンギスカン丸ごとクイズ
0919月 10;00
    14;00
    ・ジンギスカン大使任命式
    ・新商品発表会
    15;00 エンディング
posted by ミルクラム at 10:02| Comment(2) | TrackBack(2) | ジンギスカンサミット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

1966-1976頃使用のジンギスカン鍋

ジンギスカン鍋 2989.jpg
この鍋の特徴は、写真中央にT2989と電話番具が入っている。松尾ジンギスカンの電話番号だ。

『ニクヤク』とカタカナ文字が入っているが、これは電話番号を『肉焼く』と、読ませたのだろう。

ジンギスカン鍋 1966-1976.jpg

またこの鍋の大きな特徴は、上下にあるくぼみで、これは鍋に入れた余分なタレを受けるものと考えられる。

しかし、疑問がある。ここに入った多すぎるタレをよける物か、それとも、新しいタレを入れる場所だろうか。両方かな?

それはともかく、この鍋は松尾ジンギスカンのオリジナルの鍋だ。

そう考えると、昭和41年ごろはジンギスカンが普及し、オリジナルの鍋を作っても、企業として成り立つようになったと考えられる。
posted by ミルクラム at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカン鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

ヤマダモンゴル

ヤマダモンゴル ジンギスカン.jpgジンギスカン ヤマダモンゴル 北8条店

札幌市北区北8条西4丁目 (北側)  011-727-2989
営業時間 17時〜24時 (LO 23:30) 年中無休  札幌駅から徒歩10分

写真でも解るほどの、肉の変色があった。
posted by ミルクラム at 09:38| Comment(3) | TrackBack(1) | 外食店のジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

1961-1965頃使用のジンギスカン鍋

ジンギスカン鍋 1961-1965.jpg
前回のジンギスカン鍋とほぼ同じ年代に使われていたが、手入れの行き届いた鍋で現在も使用中と思われる。

この鍋の特徴は、スリットが無いことだ。スリットの無い鍋は、ガスを燃料としてジンギスカンをしていたことが想像出来る。

つまり、この頃から、ジンギスカンをする燃料が、炭からガスへ替わったのだろう。

さてさて、ジンギスカン鍋の記事ばかり書いているが、「他に話題は無いのか」と言われそう。

そうなんです、ジンギスカン鍋の話題のほかに、今のところ無いのです。 もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔)
posted by ミルクラム at 09:50| Comment(6) | TrackBack(1) | ジンギスカン鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

1960-1965頃使用のジンギスカン鍋

ジンギスカン鍋 1960~1965.jpg滝川ジンギスカン祭りの展示品

何処が違うか解らない。良く見ると溝の切込みが浅いかな。

この鍋は品質が悪そうに見えますが、保管が悪かったのかもしれませんね。

それにしても、よく探してきましたね。個人の所蔵品なのでしょうか。
posted by ミルクラム at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカン鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

1956-1960頃使用のジンギスカン鍋

ジンギスカン鍋 1956^1960.jpg1956-1960年頃使用のジンギスカン鍋

滝川ジンギスカン祭りに、過去のジンギスカン鍋を展示してあった。

切り込みのある型で、最近の東京で使われているものと同じだ。

PAT NO 417157と有るから、特許だろうか。

それにしても、なぜ鍋の上に年号札を貼り付けたのだろう。横か下にでも貼ってくれると良かったのに。
posted by ミルクラム at 15:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ジンギスカン鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

ジンギスカン鍋 灰皿

『よくこんなの考え付くよな〜』と。これが第一印象。

この灰皿は、ジンギスカン鍋と同じ材質で作られています。旭川空港で買いました。

ジンギスカン鍋灰皿.jpgジンギスカン鍋型灰皿 1260円

大きさは、函館から知床半島まで16p、稚内から襟裳岬まで14pです。

ちなみに、私はタバコを吸いません。というか、タバコは嫌いです、タバコを吸う人も嫌いです。

アメリカで言われていた言葉を思い出しました。今も同じことは言われているのかな。

アメリカではタバコを吸う人を、
『人生放棄か』『無知無能か』『意志薄弱か』と。

この言葉が耳から離れません。
posted by ミルクラム at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカングッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

東京東池袋 幾寅のジンギスカン

東京東池袋 幾寅のジンギスカン看板.jpg

北海道南富良野町に幾寅という地域があります。店の名前はそこから取っているとのこと。

スタッフに「オーナーさんが、幾寅出身ですか」と聞いたところ、「いえ、確か函館のはずです」と答えてくれました。

東京池袋 幾寅のジンギスカン.jpg左はロースジンギスカン、右はバラ
609円と504円

丸太のイスは座り心地は良いとは言えませんが、でも好きな雰囲気でしたね。

ジンギスカンは、いままで食べた東京のジンギスカンの中では、一番北海道に近い味でした。
posted by ミルクラム at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食店のジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

千歳空港レストラン PIATTINOのラムジンギスカン

千歳空港レストラン PIATTINO
千歳空港レストラン PISTTINOのラムジンギスカン 肉.jpg生ラムジンギスカンビールSET 1500円

肉汁をここまでうまく利用したジンギスカンは珍しい。写真ではバターも解けてしまったが、芋とバター、それにジンギスカンとは相性がいいんですね。

これぞ北海道の味と言えようか。

千歳空港レストラン PISTTINOのラムジンギスカン 焦げ飯.jpgレストランのこげ飯。

こげ飯は美味しいですね。私は好きです。

しかし、レストランで断りも無く出されると、腹も立ちますね。

ウエイトレスさんに「あの〜、こげが入ったご飯ですけど〜」と、恐る恐る話したら、「申し訳ございません」とのこと。

良く解りますが、『それだけ?』。

繰り返しますが、こげ飯は好きです。
posted by ミルクラム at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食店のジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

市販の焼台でジンギスカンを楽しむ。

バーベキュー用焼台.jpgこれはホームセンターから購入

この焼台は、屋外用バーベキュー用焼台として、ホームセンターで売っている物だろう。

楽しそうな家族ずれですね。
posted by ミルクラム at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝川ジンギスカン祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

鉄工所に作らせたジンギスカン専用焼台

収拾付かないほど人が集まった滝川ジンギスカン祭り(ジンギスカン王国滝川)ですが、40分待ちも有ったようです。

ジンギスカン専用焼台.jpgジスカン専用焼台

写真のジンギスカン専用焼台は、鉄工所に作らせたばかりとのこと。

1台15,000円しますが、5年以上は使えるはずです。

同じ型の物は、北海道のホームセンターでは、何処でも売っています。

どちらかというと、アウトドアのバーベキューセットとしての販売ですね。

しかし、北海道で買う人は、最初からジンギスカン用にとイメージするようです。

価格は、数千円で売っていますが、これはよほど手入れをきちんとしないと、2年くらいしか持ちませんね。
posted by ミルクラム at 05:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 滝川ジンギスカン祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

浴衣でジンギスカン

においの心配をするのは、いらぬおせっかいかな?

チラッとこちらを見ているが、写真に撮っているのが気づかれたようだ。

女は見られることによって、美しくなる。(勝手なこと言ってゴメンナサイ)

浴衣とジンギスカン.jpg浴衣でジンギスカン

真新しい七輪は、今年から始まった滝川ジンギスカン祭り(ジンギスカン王国滝川)の証明となっている。

参加している人も、主催者も戸惑いながらのイベントというのが、あちこちに見える。

でも、確実に言えることは、このイベントは伸びますね。発展していきますよ。

滝川の人は、ジンギスカンを食べなれているはずですが、それでもこうやって集まり、またまた食べるんですね〜。驚きです。

posted by ミルクラム at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝川ジンギスカン祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

ドラム缶 半切りコンロ

ドラム缶を半分に切ったジンギスカン専用コンロです。

北海道のほとんどの市町村では、この類のジンギスカン専用のコンロを持っているのではないでしょうか。

ドラム缶半切りのジンギスカンコンロ.jpgドラム缶 半切りコンロ

真夏の暑い中で、このドラム缶半切りコンロは、肉も焼けるが、当然ながら炭の熱も大量に出します。

暑さと熱さ。ふらふら

ジンギスカンを楽しむのは、ハードですね〜。
posted by ミルクラム at 11:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 滝川ジンギスカン祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

ジンギスカン専用ジャンボ鍋

ジンギスカン専用の大鍋.jpgジンギスカン専用ジャンボ鍋

直径は1mくらいあるだろうか、ジンギスカン専用の大鍋。

写真は家族5人が楽しんでいる。もう4人は入っても大丈夫だ。

燃料はガス。

このジャンボ鍋は10台用意されていた。
posted by ミルクラム at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝川ジンギスカン祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジンギスカン王国滝川(滝川ジンギスカン祭り)

ジンギスカン祭り、看板.jpg 正面入口

開店は、午後3時から午後7時まで。
posted by ミルクラム at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝川ジンギスカン祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。