2005年07月30日

ジンギスカン祭りの当日風景

ジンギスカン祭り会場当日 .jpgジンギスカン祭り当日風景

こりゃすごい。壮観。おみごと。1km先からでも解るほどの肉を焼く煙と臭いを出している。そばを通るだけで、腹の虫が騒ぎ出す。

当日券も売れることだろう。

表現するとこうなるかな。18時頃の風景。
posted by ミルクラム at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝川ジンギスカン祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

ジンギスカン祭り会場 前夜

定地2.jpg空知通り

道幅16m、長さ150mのこの広い通りをすべて止めて、ジンギスカン祭りの会場とする。

七輪や、ドラム缶製コンロ、ジンギスカンジャンボ鍋など、総数100台。
一度に500人がジンギスカンを楽しむことができるどのこと。

5時間で2500人を越える人が、一度にジンギスカンを楽しむのは全国初めてだろう。

さてさて、どのようになるか。
posted by ミルクラム at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝川ジンギスカン祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

スーパー 生ラム売り場

生ラム.jpgジンギスカンの元、生ラム

写真は江別のスーパーの食肉売り場です。

この大量の生ラムを見てください。いかにジンギスカンブームが本物であるか解ると思います。

もともと、北海道の食肉売り場には、生ラムや、マトンのスライスは並んでいたのですが、これほど大量には置いていませんでした。

東京のジンギスカン屋さんには、若い女性が並んでいるとも聞いています。
 
posted by ミルクラム at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品のジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

ジンギスカンと滝川畜産試験場

現在の滝川畜産試験場.jpg 今朝の滝川畜産試験場

今日は台風7号が昼頃北海道襟裳岬をかすめて通りそうです。いま小雨が降っていますが、土砂降りとなるでしょうね。

さて、滝川でジンギスカンが有名になった理由の一つに滝川畜産試験場の果たした役目が大きいと考えられます。

何回かに分け、滝川畜産試験場のことを書きます。

現在滝川市には北海道立滝川畜産試験場(新得へ併合)が有ります。滝川畜産試験場は明治期に現在地東滝川にて農商務省種牛牧場滝川分場として発足したのです。

大正時代からは滝川種羊場へと名称も変わり、その広々とした大地では羊が飼われていたのです。

大正時代から種羊場では羊が沢山飼われていましたが、そこを中心として、近隣の農家でも当たり前のように、羊を飼っていました。

当時の羊はいま思い出すとコリデール種でしたが、毎年のようにその羊毛で、布団を作っていた記憶があります。

いまは肉用種としてサホーク種が中心ですが、当時は羊からは羊毛のほかに肉も取りそれをジンギスカンにしていたのです。
posted by ミルクラム at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカンと畜産試験場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

ツキサップじんぎすかんクラブのジンギスカン鍋

ツキサップじんぎすかんクラブのジンギスカン鍋.jpgツキサップじんぎすかんクラブのジンギスカン鍋

この鍋には、歴史を感じる。

もともとこんなにのっぺりとした鍋だったのだろうか。

そんなはずはない。もっと、肉が焼きやすいように、また、焦げ付かないようにギザギザが有ったはずだ。

次回行ったとき聞いてみよう。



人気blogランキングへ
posted by ミルクラム at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカン鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

ツキサップじんぎすかんクラブのジンギスカン

八紘学園(北海道農業専門学校)の創立者が、中国(当時の満州)から野戦料理のジンギスカンを北海道に持ち帰ったのがこの店の始まりといわれています。(ツキサップじんぎすかんクラブのカタログより)

前から一度は食べたいと考えていたが、今日願いがやっとかなった。

ツキサップじんぎすかんクラブ.jpgジンギスカン1350円

写真からも量の多さは解りますが、聞いて見たら、なんと220gもあると言う。あまりに多く食べきれないと考えた。しかし、きれいに食べてしまった。

おおいに満足。



人気blogランキングへ
posted by ミルクラム at 16:38| Comment(1) | TrackBack(3) | 外食店のジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

きたひやまのジンギスカン

『北のれすとらん 青木』は、千歳空港の3階に有る。

きたひやまのジンギスカン.jpgきたひやまのジンギスカン1350円

北桧山は北海道の南、地図で言えば函館の10cm上にあたる。

この新聞では、味のことは言わないようにしているが、もう一度行きたい。いや三度くらい行きたいと思うくらいの味だ。

数量限定らしい。

ところで、目の前に灰皿が5枚積んであった。

「これは、なんでこんなにあるの」と聞いたら、「タバコの灰を入れるためです」と。

そんなことは解っているが、聞きたいのは『なぜ5枚もおく必要があるか』です。

灰皿はゴミ箱と同じ。つまり5個のゴミ箱を目の前にして食事をさせるなんて。

北のレストラン青木の灰皿.jpg

※レストランの資料から調べた所、ヒルトップファームが生産しています。

ファームレストランもあるので、一度行きたいですね。



人気blogランキングへ
posted by ミルクラム at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 外食店のジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

旭川末広町 らむ舎

旭川 らむノ 生ラムジンギスカン2.jpg 生ラムジンギスカン 630円

2005年4月オープン

オープンしたてで、まだご祝儀袋が飾られていた。

ラム肉専門店を目指しているようだ。ラムステーキとか、ラムハンバーグ、ラムウインナー、ラムの生ハムなど、ラム料理メニューが充実している。

ジンギスカンは、ラム肉は140gとのこと。
posted by ミルクラム at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食店のジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

『赤平火まつり』でジンギスカンパーテーパーティー

赤平火まつりでジンギスカン.jpgお祭りでジンギスカンパーティー

大ジンギスカンパーテーパーティーとも言える、お祭りでのチンギスカン。7月16日の風景。

七輪50台、ジンギスカン専用焼き台20台。

一度に300人はジンギスカンを楽しめるでしょうか。見るだけで圧倒されますね。

二日間で延べ1,800人がジンギスカンを食べます。

ただ、一部にテントが有るとは言え、屋外ですから雨が降ると楽しみは半減しそうですが、主催者はこのような場合、雨は絶対降らないとの確信を持って望みます。

posted by ミルクラム at 10:58| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドアのジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

ソラチ 北海道ジンギスカンのたれ

ラチ 北海道ジンギスカンのたれ.jpg北海道ジンギスカンのたれ 200g入り

新発売。まだ価格は未定。

ラチ 北海道ジンギスカンのたれ 明細.jpg詳細
posted by ミルクラム at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカンのタレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

小樽 田尻食研のジンギスカン

小樽田尻食研ジンギスカン.jpg小樽 ラム厚切りジンギスカン980円

写真では解りづらいですが、300gが三個です。三個で980円は安いですね。北海道ではこのような売り方が主流となっています。

小樽にはジンギスカンを製造している会社は多いのですが、この会社のジンギスカン袋裏には次のように書いてあります。

※商品裏に印刷されている『成吉思汗物語』から
 一般的に羊肉が北海道に浸透するきっかけとなったのは
1966年小樽がラム・マトンの輸入港の指定を受け、初輸入
したのが始まりです。以来、加速度的にその需要を増し
全道に定着しました。
 その小樽でや培った長年のノウハウを駆使して造りあげた
のが本品です。是非、自信作をご賞味ください。

小樽 田尻食研のジンギスカン.jpg
posted by ミルクラム at 10:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 商品のジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

らむ亭ロースジンギスカン

らむ亭ジンギスカン.jpg味付けロースジンギスカン 400g 735円

らむ亭(登録商標第29類)北海道恵庭の直売店で購入。
インターネットのらむ亭通販にも対応している。

食べてみました。

羊のロース肉は、一般的に硬くもさもさとした食感なんですが、これは柔らかで味もほどよっくしみこんで、実に食べやすいですね。

400gの内容は、肉75%、タレ25%

※らむ亭のカタログによるとインターネット通販は1997年5月から開始しているとのこと。ジンギスカンの販売としては老舗と言える。

■データ■
ジンギスカン専門店(有)らむ亭
〒061-1404 北海道恵庭市上山口26
TEL 0070-800-298325
http://ramutei.com/


人気blogランキングへ
posted by ミルクラム at 16:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 商品のジンギスカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

ジンギスカン王国滝川(ジンギスカン祭り)実行委員会

ジンギスカン王国滝川(ジンギスカン祭り)・・・うメェー実行委員会

≪実行委員≫

株式会社アイマート
 電話 0125−24−1105
 商品 アイマートのなんばんジンギスカン
 
●大畠精肉店
 電話 0125−76−2929
 商品 大畠のジンギスカン

小林精肉店
 電話 0125−75−2506
 商品 小林ジンギスカン

●ノーザンビーフ
 電話 0125−24−5858
 商品 ノーザンビーフのジンギスカン

花尻ジンギスカン
 電話 0125−23−2241
 商品 花尻ジンギスカン

株式会社松尾ジンギスカン
 電話 0125−22−2989
 商品 松尾ジンギスカン

●美味の花尻
 電話 0125−23−3065
 商品 美味の花尻ジンギスカン

●りょ〜ゆ〜
 電話 0125−22−1414
 商品 滝川ジンギスカン

(アイウエオ順)
posted by ミルクラム at 09:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 滝川ジンギスカン祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

ジンギスカン王国滝川(ジンギスカン祭り)チケット

ジンギスカン王国滝川(ジンギスカン祭り)入場券 上段は表面
ジンギスカン祭り 入場券.jpgジンギスカン王国滝川 入国パスパート

●ジンギスカン王国滝川 ジンギスカン引換券 3枚付き
●1枚1000円(当日1200円)
●その他特典 お楽しみ抽選券 サッポロビール無料券

●プログラム
14:30 オープニングセレモニー※メインステージ前
 ・ジンギスカン応援演説
 ・開会宣言「うメェー」大合唱
 ・もちまき(野菜入り)※メインステージ前
15:00ジンギスカン王国滝川の開国
 ・ジンギスカン食べ比べ
  ※8店の中から3種類選択
 ・サッポロビール試飲
 ・工場直送販売コーナー等
 ・工場直送封切コカコーラ試飲
 ・地元や再販売コーナー
 ・ジンギスカンの歴史紹介コーナー
 ・その他お楽しみイベント、抽選会


ジンギスカン王国滝川(ジンギスカン祭り)開催案内

開催日 2005年7月30日
時 間 15時〜19時
場 所 北海道滝川市空知通り

主 催 ジンギスカン王国滝川・・・うメェ〜実行委員会
共 催 ジンギスカン食普及拡大促進協議会
問合せ 滝川市役所観光室 0125−23−1234
posted by ミルクラム at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝川ジンギスカン祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジンギスカン王国滝川(ジンギスカン祭り)ポスター

ジンギスカン王国滝川(ジンギスカン祭り)ポスター
ジンギスカン祭り ポスター.jpg

ジンギスカン王国滝川(ジンギスカン祭り)開催案内

開催日 2005年7月30日
時 間 15時〜19時
場 所 北海道滝川市空知通り
   前売りチケットは1000円

主 催 ジンギスカン王国滝川・・・うメェ〜実行委員会
共 催 ジンギスカン食普及拡大促進協議会
問合せ 滝川市役所観光室 0125−23−1234

posted by ミルクラム at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝川ジンギスカン祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。